株式会社ロジランドは、次世代を見据えた物流施設とサービスを提供し、
新たなる物流価値の創造を目指します。
01

物流施設の開発

近年、土地及び建築費が高騰しているなかで、投資効率のみを追い求めた物流施設が多数開発され、それらの多くが、適正賃料を大きく上回る水準となっております。当社は、開発コスト構造の見直し、リスクリターンの最適化により、適正賃料での物流施設を提供します。また、荷主様の物流コスト削減に寄与する物流施設立地の提案を致します。
02

次世代物流施設の提供

大量消費・大量生産型市場からEコマースの拡大による多品種少量生産型市場の変化により、物流施設の在り方は、この10年で様変わりしました。さらに今後、自動運転・AI・IOTのさらなる発展により、物流業界も100年に1度の変革期を迎えます。当社は、それら最先端の技術に対応した次世代物流施設を提供します。
03

物流オペレーションの最適化

働き方改革や少子高齢化に伴い、労働人口が減少し、物流施設内のロボスティクス化、物流ドローンやAI技術の活用が求められております。当社は、それらのテクノロジー開発各社との資本業務提携並びに共同開発を行い、荷主様及び物流会社様の物流オペレーションの最適化を目指します。
04

物流と金融の融合

荷主様及び物流会社様が新たな物流施設の開発を行う場合のファイナンスアレンジや、保有物流施設のオフバランス化の提案を致します。
05

リーシングマネジメント

経験豊富なメンバーのネットワークはもちろんのこと、信頼できる仲介会社様とのリレーションにより、物流デベロッパー各社様のテナントリーシングについて、高度なマネジメントを提供致します。